女性向賃貸の必須条件

男性に比べ

● 男性 65歳
男性に比べ、女性の賃貸を選ぶ場合はいろいろな条件をよく考慮する必要があると思います。
建物そのものが防犯上優れていることはもちろん必要ですが、建物がどのような場所にあるか、その地域が生活する上で総合的に判断して適しているかといった多角的な観点から調べる必要があります。
環境としての条件は、利用する交通機関(電車、バス等)の駅から近いこと。歩く距離が短い方が防犯上適しています。そして通勤路が夜も明るく、ある程度人の通行があること。夜間殆ど誰も通らないような道は女性の独り歩きには適しません。生活に必要な、スーパー、コンビニ、銀行、市役所、医院、食堂その他生活する上で関係ある商業施設等が近いことも必要です。
次に閑静な住宅街にあること。繁華街や商店街の近くは犯罪が起きやすく身辺の保安上好ましくありません。
交通騒音、人の話し声や動物の鳴き声(犬等)があると睡眠妨害になり、これも好ましくありません。
周囲の家やマンション等が隣接していないこと。真向かいや近くにあれば、お互いにプライバシー上気まずいことになりかねません。
マンションであれば防犯上ニ階以上がよいでしょう。建物自体としては、セキュリティ設備が充実していること。オートロック付等で防犯カメラ、TVモニタ付きインターホンで来訪者確認ができたらもっとよいです。

後は、エレベータ付きであること等。防音、遮音性能が優れていること。外部からの音(交通騒音等他)や同じ建物内で隣室や上、下の部屋からの生活騒音等が聞こえないこと。また、自分の部屋からの音も周囲の部屋へ伝わらないことも必要でしょう。
その他もっと考慮すべき条件があるでしょうが、以上は最低考慮すべき条件です。
そして何より必要なのは色々調べた後、現地に行って建物に入って調べた結果をじっくりと確認し、住み心地等を予測することです。

Copyright (C)2017女性向賃貸の必須条件.All rights reserved.