女性向賃貸の必須条件

女性向け賃貸と言えば、なんといっても「安全」が一番であろう

● 女性 55歳
女性向け賃貸と言えば、なんといっても「安全」が一番であろう。入り組んだ路地を入った木造2階建てのアパートで、窓やドアがカタカタいうような部屋は御免こうむりたい(これはもちろん、女性だけに限らない)。
私が離婚して、2歳の息子とふたり暮らしを始めてから、16年の月日が経つ。今の息子は頼もしい限りだが、「お泊り保育」の夜、5歳の息子がいない心細さに、小さな命の、あまりにも大きなその存在感に、感動すら覚えたものである。
お風呂に入るにも、玄関の戸締りと窓の鍵を何度もチェック。果ては、電気をつけたまま寝る始末である。
今の住まいを決めたポイントのひとつには「大通りに面していること」、「はす向かいが交番である」という点が挙げられる。ほどよい騒音と、ベランダから望む交番の佇まいが、今は、息子の自主的な外泊でひとりの時でも、安堵感を与えてくれるのである。
もちろん、息子が与えてくれるそれには、遠く及ばないが。

Copyright (C)2017女性向賃貸の必須条件.All rights reserved.