女性向賃貸の必須条件

長女が高校を卒業してしばらくして「自活がしたい」と言い出しまして

● 男性 64歳
長女が高校を卒業してしばらくして「自活がしたい」と言い出しまして、一人暮らしを希望しました。
自分の足で業者を歩いて物件を探し、JRの駅で5つほど離れた駅の近くにアパートを見つけて来ました。

私は引越の手伝いをする時まで物件を見ていなかったのですが、初めて見た時、驚きました。
私だったら決めないだろうという悪条件を背負っていました。

女性の一人暮らしに必要なことの第一は「安全」です。
そのために二階以上の高いところがいいと思います。娘が決めたのは一階でした。

でも決めてしまったのだから仕方がありません。娘なりに、安全確保はできるだろうと思いました。
本当であれば契約時くらいは同席するべきでした。

また、入居してみるとドアのロックが古くて、かんたんに開いてしまうのです。
不動産業者として事前にチェックして欲しかったな、と思いました。
このロックを交換してもらって、驚いたことに費用を請求されたのです。

そのまま入居できるようにリフォームして賃貸に出すべきだろうと思いましたが、現実、なかなかそういう物件は少ないのかもしれません。であれば入居する側でチェックしておくことが大切です。

最後に気になったこと、一階のため、下から上がってくる湿気がすごかったです。
外出して帰ってくるとしっとりした空気で風呂場の入口のガラスなどは水滴がつくほどでした。

現在は結婚して他に住んでいますが、新しく賃貸住宅を探すときは、自分の目には見えない部分が沢山あるので気をつけたいところです。

Copyright (C)2017女性向賃貸の必須条件.All rights reserved.